風呂のリフォームにかかる費用は?家のタイプ別に相場を紹介!

お風呂のリフォームというと、高額な費用がかかると不安に思っている人はいませんか?「お風呂のリフォームをしたいけど、お金がどのくらいかかるか不安…」そのような悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

この記事では、お風呂のリフォームを考えている人のために、かかる費用の相場や、実際にリフォームする箇所について解説していきます。

安くリフォームを行うポイントも紹介していくので、是非参考にしてみてください。

お風呂のリフォームはどんな家のタイプでも可能か

お風呂のリフォームは一軒家でないとできないと思っている人はいませんか?実は、お風呂のリフォームは古民家や賃貸物件でも行うことができます

賃貸物件の場合はリフォームできる箇所が限られることがありますが、貸主に許可を取れば基本的に問題ありません。

古民家をリフォームする場合、バリアフリーやエコ仕様にリフォームすることで補助金を受け取れることもあります。

お風呂のリフォームで交換する箇所

ここでは、お風呂のリフォームを行う際に交換する主な箇所を紹介します。

浴槽

浴槽は、お風呂のリフォームで最も多く交換される箇所です。

広さや深さを変更したり、中に段差をつけたり、または浴槽の素材を交換したりなど、浴槽のリフォーム例は多岐に渡ります。

また、お風呂の中で1番広い面積を占めるものなので、デザイン性にこだわる人も多いでしょう。

シャワー

シャワーはバスタイムには欠かせない備品です。

節水機能がついているシャワーに交換することで日々の水道料金が安くなったり、様々な機能がついているシャワーを利用することで毎日のバスタイムをよりリラックスして過ごせたりします。

中には頭皮ケアや肌ケアを行えるものもあるので、自分に合ったシャワーを選ぶようにしましょう。

鏡も、リフォームの際にはよく交換される備品の1つです。

年数が経つと、どうしても錆や水垢などの汚れが目立ってきてしまいます。

最近では防カビや防曇に優れた鏡も多く用意されており、そのような鏡に交換することで掃除の手間を省くこともできます。

他にも大きさや形など、お風呂に必須の鏡だからこそ自分に合ったものに交換する人も多くいます。

照明

照明はお風呂の雰囲気を大きく変える重要な備品です。

照明をつける場所はもちろん、明るさや光の色など、工夫次第で自分好みのお風呂の雰囲気を作ることができます。

清潔感溢れる部屋にしたければ昼白色、落ち着いた雰囲気にしたければ電球色などを選ぶと良いでしょう。

換気設備

換気設備は、部屋だけでなく家全体の寿命に関わる重要な箇所です。

家によっては、しっかりとした換気設備がなく、窓で換気しているお風呂もありますが、リフォームを行う際には換気扇を取り付けることをおすすめします。

また、中には暖房設備のついた換気設備など、バスタイムをより快適にする機能がついているものもあります。

排水口

排水口のリフォームを行う主なメリットは、掃除の手間を軽減できる点です。

排水口は、年数を経るにつれて詰まりやすくなったり、掃除してもなかなか落ちない汚れが蓄積したりなど、お風呂の中でも衛生的に気になる箇所です。

排水口を交換することで清潔なお風呂を保つことができ、排水の滞りや水漏れなどのトラブルを防ぐこともできます。

ユニットバスの交換を考えている方は「ユニットバスを交換したい!方法やかかる費用について解説!」も併せてご覧ください。

お風呂のリフォームにかかる費用の相場


それでは、お風呂のリフォームにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

ここでは、家のタイプ別にお風呂リフォームにかかる費用の相場を紹介していきます。

マンションの場合

マンションの場合、お風呂のリフォーム費用の相場は50万~150万円と言えます。

標準的な機能で十分な場合や、浴槽だけの交換の場合は50万円程度、高い性能や素材にもこだわると100万円程度かかるでしょう。

戸建ての場合

戸建ての場合、お風呂のリフォームにかかる費用の相場は60万~200万円程です。

戸建ての場合、マンションと比べてお風呂の中の面積が広かったり、それに伴ってより大きな浴槽が必要だったりすることがあります。

浴槽の値段や工事費用はその大きさや面積によって異なってくるので、一般的にマンションよりも少し高めの費用がかかることが多いと言えるでしょう。

古民家の場合

古民家の場合、お風呂のリフォームにかかる費用の相場は100万~200万円と言えます。

古民家では水回りの設備などが古いことが多く、お風呂をまるごとリフォームすることがほとんどです。

中には水道管の工事など、大掛かりな工事が必要な場合もあるため、予算は多めに見積もっておくことをおすすめします。

マンションのお風呂のリフォームで失敗したくない方は「マンションのお風呂をリフォームする際に失敗しないポイントを解説!」も併せてご覧ください。

お風呂のリフォームを安く行うには

それでは、お風呂のリフォームを安く行うためにはどのようなことに注意したら良いでしょうか。

ここでは、3つのポイントを紹介します。

リフォームする箇所を絞る

1つ目のポイントは、リフォームする箇所を絞る、ということです。

お風呂全体をまるごとリフォームすると、それぞれの設備の交換費用や内装の工事費用など、どうしても費用が高くかかってしまいます。

古民家で全ての設備の交換が必要な場合などは別ですが、従来のもので問題ない設備に関しては手を加えないのも1つの方法です。

また、浴槽やシャワーなどのリフォームに関しても、シンプルな機能のもので十分なのであれば、無理に高性能のものを選ぶ必要はありません。

リフォームの目的をはっきりさせ、自分に合ったリフォームを行うようにしましょう。

見積もりをしっかり出してもらう

2つ目のポイントは、見積もりをしっかり出してもらう、ということです。

リフォームにかけることのできる費用と、実際のリフォームにかかる費用を比べるために、リフォーム業者に工事を頼む前には必ず細かい見積もりを出してもらうようにしましょう。

相談次第では安く見積もりを出してもらうこともできるので、しっかりと打ち合わせを行うことが重要です。

また、1つのリフォーム会社だけではなく、2つ以上の会社に見積もりを出してもらうことで、交渉次第では、より安く工事を行うこともできるかもしれません。

補助金を活用する

3つ目のポイントは、補助金を活用する、ということです。

自治体や国が出す補助金の中には、水回りのリフォームに適用される補助金も存在します。

特に、介護のためにお風呂のバリアフリー化を測ったり、節水機能のついた浴槽やシャワーに交換したりする場合、補助金を受け取りやすいと言えるでしょう。

工事を行う前に申請・審査・許可をもらう必要があるので、早めに計画を立てて自治体に相談するようにしましょう。

お風呂のリフォームの補助金について

ここでは、お風呂のリフォームに関する補助金について紹介します。

国が出す補助金

1つ目に紹介する補助金は、国から支給される補助金です。

この補助金を受け取るためには、お風呂のリフォームがバリアフリーリフォーム、省エネリフォーム、長期優良住宅リフォームのいずれかに該当する必要があります。

それぞれのリフォームごとに細かい条件は異なるので、自分が行うリフォームがどれにあたるのか確認してから申請するようにしましょう。

自治体が出す補助金

2つ目に紹介する補助金は、自治体から支給される補助金です。

この補助金は自治体によって支給条件が設定されており、中には補助金の支給を行っていない自治体もあります。

また、補助金を受け取ることができる人数に制限がある場合もあるので、支給を受けたい場合はなるべく早めに申請を行うようにしましょう。

介護保険によって受け取る補助金

3つ目に紹介する補助金は、介護保険に基づく補助金です。

要介護者と認定された人でバリアフリーなどのお風呂のリフォームを行う場合、最大20万円の工事費用を受け取ることができます。

工事費の6割~8割を補えることもあるので、介護者に該当する場合は申請してみることをおすすめします。

まとめ

ここまでお風呂のリフォームについて、かかる費用や交換する設備、受け取ることができる補助金などについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

費用を抑えてお風呂のリフォームを行うためには、適切なリフォーム会社を選ぶことも大切です。

ベストリノベーションでは、お風呂などの水回りのリフォームを始めとして、様々なリノベーション案件を扱っています。

見積もりや、実際の工事に関する相談も受け付けているので、お風呂のリフォームを考えている人は是非問い合わせてみて下さい。

新着記事

和室リフォームで失敗しないためには?後悔しないための注意点

浴室のリフォームで使える補助金は?費用を抑え機能性・安全性を……

窓のリフォーム費用の目安は?ガラスの種類や目的別に相場を解説

洗面台リフォームには補助金が使える?安くリフォームを行うには……

水回りのリフォームの期間は?費用を抑えるならセットプランで

家に手すりをつける目的とは?費用についても紹介