洗面台を交換する費用はどのくらい?費用別の洗面台交換などをお伝えします

水漏れや部品の劣化などによって、洗面台を買い替えたいと考えている方も多いことでしょう。

果たして、洗面台の交換にかかる費用はどの程度になるのでしょうか。

今回は洗面台交換の費用についてまとめていきます。

費用相場や内訳、費用別の洗面台の交換範囲など、リフォームをお考えの方にもおすすめの情報ですので、ぜひご一読ください。

洗面台の交換費用

洗面台交換のための予算は限られているため、事前にかかる費用を知っておきたい方も多いことでしょう。

それでは、洗面台の交換費用をご紹介していきます。

洗面台を交換する際の費用相場

一般的なシステム式やユニット式の洗面台交換の場合、費用相場としては10~30万円です。

グレードによって値段が前後し、低グレードのものであれば10万円以下で購入が可能で、高グレードのものであれば20万円以上が必要です。

また、カウンター式などにしてこだわる場合には、より費用がかかることもあります。

洗面台交換にかかる費用の内訳

洗面台交換には数十万円がかかりますが、その中には様々な費用が含まれています。

ここでは、洗面台交換にかかる費用の内訳をお伝えしていきます。

洗面台本体の費用

費用相場でもお伝えした通り、洗面台本体は低グレードで10万円程度、高グレードで30万円程度となっています。

また、洗面台を部品別に交換する場合は、以下の費用が必要ですので、参考にしてみてください。

  • 内装の壁・床の交換:5万円程度
  • 洗濯機用の防水パン:2万円程度
  • 収納用のキャビネット:1~10万円
  • 鏡の曇り止め:3000円程度
  • LED照明への交換:1万円程度

オプション費用

洗面台の扉や鏡の変更など、オプションを付ける場合には、追加で費用がかかることもあります。

自分好みの洗面台を目指してこだわるのであれば、その分だけ費用がかさむことになるでしょう。

工事の費用

洗面台交換と同時に床や壁などを張り替えたり、水道などを工事したりする場合、工事費がかかります。

それだけではなく、古い洗面台を廃棄する費用や新しい洗面台を取り付ける費用なども必要になります。

人件費などの雑費

リフォーム会社などに洗面台交換を依頼する際、担当してくれる方に人件費を支払う必要があります。

また、見積もりなどで来てもらう際には、その際の交通費などが求められることもあります。

保証費用

洗面台を交換する際に保証に入る場合は、保証費用が必要になることもあります。

任意の場合やプランに含まれていることもあるため、ご自身の判断で入るようにしましょう。

洗面所をおしゃれにしたい方は「洗面所をおしゃれにリフォームしたい!リフォームのポイントなどをご紹介します」をご覧ください。

費用別の洗面台交換の主な範囲

洗面台を交換する際の費用をお伝えしましたが、実際の例を知りたい方も多いことでしょう。

費用別の洗面台交換の主な範囲をお伝えしますので、確認してみてください。

10万円程度でできる洗面台の交換

低グレードの洗面所であれば、10万円程度で購入することができます。

この費用では鏡や洗面ボウル、収納などがセットになっているユニット式が多く、サイズとしては幅が50~70cmほどの比較的小さめのものが多いです。

実際のリフォーム例をお伝えしますので、参考にしてみてください。

  • マンション 7万円程度 ユニット式洗面台

型落ちして値段が安くなったユニット式洗面台を設置しました。

洗面台は600×1900×490 mm(間口×高さ×奥行き)。

15万円程度でできる洗面台の交換

15万円程度の予算があれば、ワングレード上の洗面台を選ぶことができ、システム式のものの選択肢も増え始めます。

サイズとしては60~80cm程度のものが多く、鏡の曇り止めや収納スペースの増設など様々なオプションを選ぶことも可能です。

実際のリフォーム例をお伝えしますので、参考にしてみてください。

  • 一軒家 16万円程度 システム式洗面台

ダーク系木目調の扉で幅90cmの洗面台に交換しました。

3面鏡やお手入れのしやすさなどが魅力です。

洗面台900×1900×540 mm(間口×高さ×奥行き)。

20万円程度でできる洗面台の交換

20万円程度の予算があれば、サイズの大きな洗面台を購入することができるようになり、選択肢の幅も格段に増えるようになります。

具体的な幅としては70~90cm程度のものが多く、様々なオプションを付けながら高い自由度で取り入れることが可能です。

実際のリフォーム例をお伝えしますので、参考にしてみてください。

  • マンション 20万円程度 ユニット式洗面台

幅60cmのユニット式洗面台から幅90cmで高グレードの洗面台に交換しました。三面鏡で掃除がしやすいタイプのものを導入しています。

20万円以上でできる洗面台の交換

よりこだわりを持って洗面台を交換したい場合は、20万円以上の費用が必要になることもあります。

高グレードの洗面台を導入できたり、鏡や洗面台用のカウンターを個別で変えたりと自分好みにアレンジすることが可能です。

実際のリフォーム例をお伝えしますので、参考にしてみてください。

  • 一軒家 50万円程度 カウンター式

幅100cm以上の洗面台カウンターに丸い洗面ボウルを組み合わせた、オリジナルの洗面台に交換しました。

収納スペースも拡張して機能性とデザイン性が両立できるようにしました。

お得にリノベーションしたい方は「リノベーション費用にローンが使える?お得にリノベーションをする方法」をご覧ください。

洗面台交換をする際のポイント

洗面台交換で後悔しないためにも、いくつかのポイントがあります。

それでは、洗面台交換をする際のポイントを確認していきましょう。

洗面台の型を抑える

洗面台の形はいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。

それぞれの洗面台の型を簡単にご紹介しますので、特徴を抑えておきましょう。

  • ユニット式:洗面所に必要な設備が一体化した洗面台
  • システム式:一部の部品を組み合わせられるセットの洗面台
  • カウンター式:一つ一つの部品を組み合わせて作る洗面台

どの程度のサイズにするか考えておく

せっかく購入した洗面台でも、サイズが違ってしまえば残念な結果になってしまいます。

洗面所の大きさをしっかりと測り、大きすぎず小さすぎない洗面台を選ぶようにしましょう。

サイズを見る際には、最低でも間口(幅)・高さ・奥行きの3点はチェックするようにしてください。

お手入れのしやすさを確認する

水回りである洗面台は湿気などで損耗しやすいため、こまめなお手入れが必要です。

水はけが良かったり、カビが生えにくかったりする素材のものであるかを確認し、メンテナンスのしやすさを重視しましょう。

また、鏡の曇り止めやLED照明への変更など、部品ごとの交換も視野に入れて考えるのがおすすめです。

欲しい機能を検討しておく

収納スペースの広さや水道のレバーなど、洗面台に対して求めるものが多くあることでしょう。

インターネットで検索したり、ショールームで実際に見たりして、自分のライフスタイルに合う機能を検討しましょう。

また、店頭やリフォーム会社などで、プロに質問してみるのも意外な発見がありますので、試してみてください。

洗面台を交換する際の費用を抑えるコツ

費用を抑えて洗面台を交換するためには、抑えておいた方が良いことがあります。

それでは、洗面台を交換する際に費用を抑えるコツをご紹介します。

型落ちの洗面台を見てみる

新しい洗面台が続々と登場すればするほど、前の型の洗面台は値段が下がっていきます。

型落ちの洗面台とはいっても、デザインや機能性に優れた製品も多くありますので、候補の1つとして考えてみるのがおすすめです。

まとめてリフォームを検討する

洗面台の交換だけでも良いですが、クロスの張り替えや配置の変更などを伴う場合は、まとめてリフォームすると費用が抑えられます。

セットプランとして割引があったり、大規模の工事だと割引率が高かったりしますので、まとめてリフォームも検討してみてください。

複数の見積もりを出してもらう

リフォーム会社にはそれぞれ特徴があり、工事できる範囲やかかる費用などが異なります。

事前に複数の会社で見積もりを出してもらえれば、その中から比較検討することができ、自分の理想に合うリフォーム会社を見つけやすくなります。

洗面台交換はベストリノベーションにお任せください!

ベストリノベーションでは、お客様のご要望に応じた幅広いリフォームを行っていただけます。

洗面台単体の交換はもちろん、内装工事やレイアウト変更など、様々なリフォームをご体験いただけます。

また、当社ではプランの作成から工事まで一貫して行えることに加え、アフターサポートまで万全です。

洗面台交換や洗面所のリフォームをお考えの方は、ぜひベストリノベーションにお任せください。

水回りのリフォームを行いたい方は「水回りリフォームの費用が知りたい!相場や費用を考えるポイントなどを紹介します」をご覧ください。

まとめ

今回は洗面台の交換費用についてまとめてきました。

洗面台を交換する費用相場は、10~30万円であり、グレードによって値段が前後します。

洗面台の型やサイズ、お手入れのしやすさなどを総合的に判断して、交換する洗面台を選ぶようにしましょう。

費用を抑えるためには、型落ちの洗面台を確認したり、まとめてリフォームしたりするのがおすすめです。

ベストリノベーションでは、ご要望とご予算に合わせたプランを提案させていただきますので、ぜひご検討ください。

新着記事

和室リフォームで失敗しないためには?後悔しないための注意点

浴室のリフォームで使える補助金は?費用を抑え機能性・安全性を……

窓のリフォーム費用の目安は?ガラスの種類や目的別に相場を解説

洗面台リフォームには補助金が使える?安くリフォームを行うには……

水回りのリフォームの期間は?費用を抑えるならセットプランで

家に手すりをつける目的とは?費用についても紹介