浴室塗装リフォームで気になるカビも除去!費用や注意点も

浴室に「カビが生えた」「ひび割れや錆が出てきた」「浴室の汚れが目立ってきた」 などの症状が目立ってきたら、浴室を塗装するリフォームを検討してみませんか?

浴室を塗装するリフォームはユニットバスの入れ替えより安価で済み、新築のようにキレイになるためおすすめです。

この記事では浴室を塗装するリフォーム費用相場、浴室を塗装するリフォームをするメリット・デメリット、DIYで塗装するのを辞めた方がいい理由などについて紹介します。

浴室塗装のリフォーム費用相場

浴室全体の塗装は20万円ぐらいと見積もっておけば良いでしょう。

ユニットバスの入れ替えと比べると安価で済むためお得です。

【浴室リフォーム費用相場】

ユニットバス入れ替え 浴室塗装
50~150万円 壁塗装:9~13万円
床塗装:5~9万円
天井塗装:4~6万円
バスタブ塗装:8~15万円

浴室塗装のリフォームをするメリット

浴室を塗装するリフォームをするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?ここから一つずつ見ていきます。

ユニットバス入れ替えより安い

ユニットバスを入れ替えた場合は上述のような値段です。

塗装は、ユニットバス入れ替えの半分ぐらいの費用から、約5分の1の費用で済みます。

浴室を塗装するリフォームの方が安い理由は以下の通りです。

  • ユニットバス自体の費用
  • ユニットバス入れ替えは複数の職人が必要
  • 入れ替えは撤去費用など工事費が必要

新品同様になる

浴室を塗装するリフォームをすると浴室が新品同様になります。

見た目は入れ替えとほぼ変わりません。

汚れ・カビ・水垢を塗装で隠せるだけではなく、汚れも付きにくくなります

リフォーム業者に依頼するとプロ仕様のFRPで塗り直すため、新品のようにきれいに仕上がるのがメリットです。

浴室をメンテナンスできる

マンションや集合住宅はユニットバスへ入れ替えができない場合もあります。

浴室を塗装するリフォームはそのような浴室でもメンテナンスが可能です。

在来工法の浴室でもリフォームでき、壁や床のみといった部分塗装もできます。

工事日数が少ない

ユニットバス入れ替えリフォームは工事期間が数日で済む場合もありますが、1週間ほどかかることもあります。

一方、浴室を塗装するリフォームは1日半で終わるのです。

長くかかっても3日ほどで終わるため、工事を長引かせたくない人にはメリットでしょう。

浴室塗装で色を変えられる

浴室を塗装するリフォームは色を変更できるため、浴室のイメージ変更も簡単です。

流行りの色や好みの色に変更することで入浴タイムもこれまで以上に楽しめるでしょう。

最近はシックな色を好む人が多いですが、浴槽の汚れを目立たせなくするためには、パステル系がおすすめです。

カビの繁殖を防げる

浴室はカビが生えやすい場所です。

放置するとカビが繁殖し、健康被害を起こします。

浴室を塗装する素材にはカビをシャットアウトするものがおすすめです。

環境にもやさしく赤ちゃんや高齢者がいるご家庭でも安心して利用できます。

騒音が発生しない

ユニットバス入れ替えリフォームは壁を壊したり浴室を廃棄したりするため、騒音の発生は避けられません。

浴室を塗装するリフォームは壁・床・天井・浴槽などに上塗りする作業のため、静かに作業できます。

浴室から廃材も発生しません。

️浴室塗装のリフォームをするデメリット

浴室を塗装するリフォームにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

ここから具体的に見ていきます。

塗膜が剥がれる場合がある

浴室の塗装の実績がない業者に依頼した場合、塗膜が剥がれるリスクがあります。

浴室の塗装は下地補修・下地調整・塗装・仕上げに適した技術が必要です。

下地補修は浴室の損傷に最適な補修をしないと塗膜が剥がれます。

また、塗料を密着させるためには「プライマー塗布」という作業が必要です。

塗装についても「スプレー式」で塗らないとキレイな仕上がりになりません。

費用が安い、作業が早いといった理由で経験不足の業者を選ぶと、施工前より悪い状態になってしまう可能性もあります。

できるだけ浴室の塗装に詳しい業者選びをすることをおすすめします。

さらに業者選びは保証期間がある業者がおすすめです。

時間の経過とともに塗装が剥がれた場合でも対処してもらえるでしょう。

機能や設備は変わらない

浴室の塗装は汚れを取り除いたり、見た目をキレイにしたり、カビの繁殖を防ぎます。

しかし、機能や設備はこれまでの浴室と変わりません。

「便利な機能を付ける」「バスタブの位置を変える」「断熱性能を上げる」など快適な浴室を望むのであれば、ユニットバスの入れ替えをおすすめします。

タイルは変更できない

浴室の塗装ではタイルの色は変更できません。

塗料が密着せず相性が悪いためです。

浴室補修する場合、塗装する場所と既存のタイルの色の相性も考える必要があります。

賃貸は色を変更できない場合が多く、退去時には原状回復義務が生じることもあるのです。

塗装前に大家さんに確認しましょう。

浴室塗装できない場合がある

浴室の塗装は使用している素材により塗装できません。

ほとんどの浴室はFRP・大理石・ホーローが素材です。

FRP製のユニットバスは元々塗装されており丈夫なため、塗装に最も適しています。

しかしステンレスやセメント・砂・水が混ざったモルタルという素材の場合、塗装はできません。

特にステンレスは塗料が密着しづらく塗装に不向きです。

水回りのリフォームを考えている方は「ユニットバスを交換したい!方法やかかる費用について解説!」も併せてご覧ください。

DIYで塗装するのを辞めた方が良い?

DIYでの浴室の塗装は簡単に見えますが辞めたほうが良いでしょう。

きれいに塗装するのは意外と難しいため、失敗しやすく結果的に業者に依頼することになるケースが多いです。

浴室を塗装する塗料は専門的な塗料と道具が必要になり、ホームセンターで購入することはできません。

また塗料をしっかり密着させるための専門技術も重要です。

DIY用の浴室塗料はNG

ホームセンターで販売されている浴室塗料はおすすめできません。

また、ハケで塗ると塗装面も安定せず、半年もしないうちに塗装が剥がれてしまいます。

結果的に業者に手直しを依頼することになり、費用も3~5万円は余分にかかるでしょう。

浴槽がステンレスの場合

ステンレスは専門の密着が難しく業者であっても難しい素材です。

業者でさえも難しい素材のため、DIYではさらに難しいでしょう。

ステンレスの塗装をする場合業者に相談することをおすすめします。

ユニットバスの入れ替えが良い場合

浴室リフォームは塗装が向いている場合と、ユニットバスの入れ替えの方が良い場合があります。

バスタブに新しい機能を付ける、バスタブの位置を変えるなどの場合ユニットバスの入れ替えが向いているでしょう。

また「排水管の水漏れがひどい」「ユニットバスのサビがひどい」「シロアリが発生している」などの場合は浴室を塗装するリフォームではカバーできません。

業者に相談しユニットバスへの入れ替えを検討しましょう。

️浴室塗装する場合の注意点

浴室を塗装する場合気を付けるべき注意点があります。

ここから具体的に見ていきましょう。

お風呂が使えなくなる期間

浴室を塗装した後は最低2日間、お風呂が使えなくなります。

塗装自体は1日で済みますが、しっかり乾燥させる必要があるからです。

あらかじめ利用できない期間の対処方法を考えておきましょう。

浴室塗装に強いリフォーム業者

浴室の塗装を依頼する場合、実績のあるリフォーム業者を選びましょう。

経験が浅い業者では下地処理が不十分であることなどが原因で、塗膜が剥がれるリスクがあります。

塗膜が剥がれると余分な費用がかさむため、浴室の塗装に慣れた業者を選ぶことが重要です。

見積りは複数の会社に依頼

見積りは複数の会社に依頼することをおすすめします。

選ぶ業者が1社だけの場合提示された見積価格が適正かどうか判断することは難しくなるでしょう。

工事費用や手数料は業者によって大きく異なるため、複数の業者に依頼し比較できるようにすることが大切です。

数日間臭いが残る場合

浴室塗装は油性塗料を使った場合、数日間臭いが残る場合があるのです。

塗料は耐久性のある油性塗料臭いが少ない水性塗料の2種類あります。

既に浴室を利用している場合、水塗料の方が狭い空間でも臭いが残らずおすすめです

滑りにくい防滑塗料の使用

高齢者の場合、浴室の床を塗装することで足を滑らせて怪我をする場合があります。

滑りにくい防滑塗料の使用で予防しましょう。

防滑塗料は介護保険が適用となるため、確認することをおすすめします。

ユニットバス交換の検討

浴室塗装は見た目を変更することがメインのため、機能は既存の浴室と変わりません。

しかし、扉や蛇口など他の場所でも老朽化している場合、ユニットバスの入れ替えも検討した方が良いでしょう。

浴室の寿命は約15年ですが、そこまでもつとも限らないのです。

まとめ

浴室のカビ・ひび割れ・錆汚れが目立ってきたら、浴室塗装リフォームがおすすめです。

浴室塗装リフォームはユニットバスの入れ替えに比較し「費用が安く済む」「工期が短い」などのメリットがあります。

DIYでの浴室塗装は、半年も経たないうちに剥がれるリスクがあり、おすすめできません。

塗装を依頼する場合、実績のある信頼できる業者を選ぶことが大切です。

実績の浅い業者に依頼すると、再度塗装を依頼することになり、費用もかさみます。

ユニットバスの塗装を考えている方は「ユニットバスを塗装する際に気をつけることは?メリットや相場も紹介」も併せてご覧ください。

安心して浴室塗装のリフォームをしたいと望む人は、リフォーム全般の実績が豊富で、アフターフォロー体制も整っているベストリノベーションにお任せください。

新着記事

狭い洗面所のリフォームを広くおしゃれにしたい!成功例・失敗例……

洗面所の床をおしゃれにリフォーム!後悔しないためのおすすめ床……

フローリングの耐用年数は?原状回復での取扱いや張替えタイミン……

フローリングを張り替えるタイミングかも?費用や方法を解説

ペットのための床リフォーム!事例や費用、注意点、効果も紹介

和室リフォームで失敗しないためには?後悔しないための注意点