トイレ交換の工事の手順は?費用はどのくらいかかる?

トイレを和式から洋式にしたい便座をよりよい機能のものにしたいなど、リフォームを考えている方もいるでしょう。

トイレを交換するリフォームの工事は、どのように行われるのでしょうか。

この記事では、トイレを交換するタイミングや交換工事の手順、トイレを交換する際の相場や、トイレをなるべく安くリフォームする方法についてお伝えします。

気になる方は是非最後まで読んでみると良いでしょう。

トイレの交換をするタイミング

トイレの交換をするタイミングを紹介します。

和式を洋式にしたい時

和式トイレに比べ、洋式トイレの方が使いやすく、場合によっては節電や節水などの効果を期待することもできます。

介護や、子供にとって使いやすい、という理由から、洋式トイレへのリフォームを考えているという方もいるでしょう。

和式トイレから洋式トイレへとリフォームする案件は、現在でも様々なものがあるためおすすめです。

耐用年数をすぎたとき

トイレも、一度買ったらずっと使えるというわけではなく、耐用年数があります。

耐用年数はメーカーによっても変わりますが、だいたい15年程度である場合が多いようです。

耐用年数を大幅にすぎたトイレを使い続けると、水漏れなどの水のトラブルや、トイレの破損が起こりやすくなりますので、耐用年数に近づいてきたら、より機能性の高いトイレにするという意味でも、新しいトイレに買い替えるということを考えてみても良いでしょう。

ひび割れが気になった時

トイレが実際に壊れそう、という場合も、買い替えの検討のタイミングです。

例としては、トイレにヒビが入ってしまった場合には、そのまま使い続けることは難しいです。

水漏れなどのトラブルが発生しやすいため、早めに買い替えると良いでしょう。

古いトイレほど破損しやすいとも言われているため、これを機に機能が充実している新しいトイレに買い換えてみると、快適な日常生活を送ることができるかもしれません。

節電をしたい時

近年の機能性の優れたトイレの中では、さまざまなオプションがついているほか、節電に役立つものもあります。

電気代が気になる場合や、電化製品の買い替えを検討していたという場合は、合わせてトイレのリフォームについて考えられると良いでしょう。

高機能のトイレが使えるだけでなく、節電になるという場合もあります。

どのようなトイレと交換ができるのか、リフォーム会社に問い合わせることで、節電に適したトイレを簡単に選ぶことができます。

トイレのリフォームは「トイレをまるごとリフォームするには?かかる費用の相場を紹介!」をご覧下さい。

トイレの交換工事の手順

トイレの交換がどのような手順で行われているかについて紹介します。

和式から洋式にする場合

まず、和式から洋式にする場合の手順です。

配管工事

トイレを和式から洋式にしたことによって、汚水を流す配管を変える必要が出てくる場合があります。

この場合はただ和式トイレから洋式トイレに変えるだけではなく配管工事自体の費用についても考慮する必要があるため、重要です。

電気工事

配管工事に加えて、洋式トイレにするにあたって、ウォシュレットや、便座を温めるといった様々な機能を付けたいという場合には、電気工事が必要になることがあります。

自動水栓をトイレに設置したいという場合も同様です。

特に機能性の高い洋式トイレを使いたいという場合には、現状のコンセントでは不十分な場合がありますので、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

トイレ交換

配管工事や電気工事などの基本的な工事が終わったら次は便座の交換です。

和式トイレに着脱式のものをかぶせて、洋式トイレにするという、非常に簡易なリフォーム方法もありますが、 一般的には完全に異なる洋式トイレの便座を取り付けるという場合が多いです。

洋式トイレの方が和式トイレよりもサイズが大きいことがありますのでしっかりと空間の確保も行っておきましょう。

床や壁などをリフォームする

便座の取り替えのリフォームを行った際に、同時によく行われるのが床や壁などのリフォームです。

トイレが耐久年数を超えたということは、この段階で床や壁などもヒビが入っていたり、かなり傷んでいたりする場合がありますので、新しく自分好みの床や壁にリフォームするという方も多いです。

便座だけを取り替える場合

洋式トイレから洋式トイレにリフォームをするという場合には、基本的には配管工事や電気工事などは必要がなく簡単にリフォームをすることができます。

和式トイレから洋式トイレにする場合には最短でもう数日かかる場合が多いですが便器だけを取り替える場合には1日程度でリフォームが終了するという場合もあります。

便座の機能性をあげたいという場合にはおすすめです。

トイレの交換については「風呂のリフォームにかかる費用は?家のタイプ別に相場を紹介!」をご覧ください。

トイレを交換する時の相場

トイレを交換する時の相場を紹介していきます。

マンションの場合

マンションの場合は、便器の交換にかかる費用の相場は15万〜30万円です。

マンションでは、一軒家に比べてできる工事などが決まっているため、その分費用の上限が抑えられる傾向にあるようです。

マンションの場合でも、便器の値段は機能によって変わるので、どの機能が欲しいのかも確認しておきましょう。

一軒家の場合

一軒家の便器の交換にかかる費用の相場は、だいたい15万〜40万円です。

工事費を差し引いた便器本体の価格は10万〜20万円です。

便器についている機能やオプションによっても価格に変動はありますが、一軒家では10〜15万円の便器を選んで交換するということが多いです。

家族の人数やトイレの個数、予算などを考えて便器を選べると良いでしょう。

トイレ交換をする時の注意点

トイレを交換する時の注意点を紹介していきます。

便器の大きさを考える

トイレの空間によっては、今より大きな便器を設置することによって窮屈になってしまう場合があります。

この場合、あらかじめリフォーム会社に相談をするなどした上で、どの程度の便器を設置すれば空間がちょうどよくなるのかについて確認をして、使いやすい便器を選ぶことができると良いでしょう。

マンションの規約を確認する

リフォーム工事によっては、マンションの規約に違反しているものがあります。

トイレ工事の中でマンションの規約に違反しやすいものの例を挙げると、排水に関する工事や配管工事、無断でのトイレの増設などがあります。

このような場合は、リフォームができないだけでなく、マンションの管理人との間でより大きなトラブルに発展する場合があります。

マンションで気持ちよく過ごすためにも、どこまでのリフォームだったら行っていいのかを、しっかりあらかじめ確認しておくことができるとよいでしょう。

トイレの形を確認する

洋式トイレの中でも、シャワートイレと便器が一体になっているものとなっていないもの、さらにはタンクがついているものといないもの、など、さまざまな種類のトイレがあります。

それぞれ、大きさや形、必要な排水機能が違ってくるので、トイレを取り替える場合でも自分の家の部屋に適したトイレはどれなのかを考えておくと、スムーズにリフォームを行うことができるはずです。

便座にあったコンセントを設置する

暖房付き便座や、ウォシュレット付き便座など、便座の機能を充実させたいという場合には、電力の消費量に見合ったコンセントやアースが必要になることがあります。

コンセントがない場合には、別途コンセントを設置するための工事をする必要があるため、費用がかかることになります。

どのようなオプションを自分がつけたいのか、そのオプションを使用するためにはどのようなコンセントが必要になってくるのかということも、あらかじめ確認しておくことによってスムーズにリフォームを行うことができるでしょう。

まとめ

トイレの交換は、トイレの機能が気になった時や、15年程度が過ぎた時に考えてみても良いでしょう。

リフォーム自体も、電気工事や配管工事が必要になる場合もありますが、すぐにリフォームが完了する場合もあります。

トイレの大きさや形を確認しながら、リフォームを行えると良いでしょう

気になったら、ベストリノベーションでも見積もりを取ることができますので、お待ちしております。

新着記事

トイレに洗面台を付けておしゃれにリフォームしよう!費用やタイ……

キッチンの通路幅の理想のサイズとは?注意したいポイントを紹介

浴室に窓を設置するメリット・デメリットは?種類を紹介

窓リフォームの種類は?費用や注意点も解説

キッチン窓をリフォームするメリット・デメリット!注意点も解説

トイレリフォームにかかる時間は?工事中の対応方法を紹介