中古マンションのリノベーションで注意する点は?失敗事例も紹介!

皆さんは中古マンションのリノベーションを考えたことはありますか?中古マンションというと、購入費用は安くても、設備が古かったり、見た目があまり良くなかったりと、良くないイメージを持つ人も少なくありません。

「購入費用を抑えたいけど中古は不安…」「きれいな部屋に住みたい」という悩みを抱える人も多いですが、そんな悩みはリノベーションで解決できることがあります。

この記事では、中古マンションの購入を悩んでいる人のために、中古マンションをリノベーションする際の注意点を紹介していきます。

中古マンションをリノベーションするメリット

まずは、中古マンションをリノベーションするメリットについて見ていきましょう。

購入費用を抑えられる

1つ目に紹介するメリットは、購入費用を抑えることができるという点です。

中古マンションは、新築マンションよりも購入費用をかなり抑えることができます。

特に、都心や駅前などの人気のエリアでは、購入費用が高額であるために購入自体を諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、中古マンションであれば比較的安価な費用で購入することができます。

リノベーションする費用を考えたとしても、新築を購入するよりもかかる費用を抑えることが可能です。

物件選びの選択肢が広がる

2つ目のメリットは、物件選びの選択肢が広がるということです。

新築マンションにこだわって物件選びを行うと、選べる物件の数はかなり限られてしまいます。

予算の問題はもちろん、地域によってはそもそも新築マンションの数自体が少ないところもあるからです。

一方、リノベーションを前提に、中古マンションも視野に入れることで選択肢の幅は一気に広がります。

自分が望む条件が、新築でなくてもカバーできるものであれば、中古物件も視野に入れた方が良いと言えるでしょう。

周辺環境を確認できる

3つ目のメリットは、周辺環境を確認できるということです。

新築マンションは、その周辺環境が開発途中、あるいは開発されたばかりだとどのくらい住みやすいかがわからない場合があります。

一方、中古マンションであれば、既にその周辺環境が出来上がっていることが多いので、住みやすさや治安の良さを確認することができるのです。

自分好みにリノベーションできる

4つ目のメリットは、自分好みにリノベーションできるということです。

確かに新築マンションは設備も最新かつ部屋も綺麗なので、憧れる人が多い物件です。

しかし、自分好みの部屋の間取りや設備がある人は、全くその通りの新築物件を探すことは簡単ではありません。

一方、リノベーションを前提に中古物件を選ぶことで、自分の希望通りの部屋や空間を作ることができるのです。

中古マンションのリノベーションは、自分のイメージ通りの物件がなかなか見つからないという人にもおすすめの方法と言えます。

中古マンションをリノベーションするデメリット

中古マンションのリノベーションには様々なメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

ここでは代表的なデメリットを4つ紹介していきます。

耐震性が劣る可能性がある

1つ目に紹介するデメリットは、耐震性が劣る可能性があるということです。

現在は多くのマンションが十分な耐震工事を済ませて売られていますが、築年数がかなり経っている物件だと耐震性に劣る可能性があります。

築年数を見ただけではわからない場合もあるので、その物件の耐震性や安全性については不動産やリフォーム会社に問い合わせてみるのが良いでしょう。

リノベーション費用が高額になる場合がある

2つ目のデメリットは、リノベーション費用が高額になる場合があるということです。

購入した中古マンションの状態や、どこをどのようにリノベーションするのかにもよりますが、どんなリノベーションを行うにもある程度の費用はかかります。

中古マンションの購入自体は新築を買うより安いですが、リノベーションの内容によっては施工に高額な費用がかかることもあるでしょう。

マンションを購入する際には、自分が行いたいリフォームにかかる費用まで視野に入れて選ぶことをおすすめします。

住み始めるまでに時間を要する

3つ目のデメリットは、住み始めるまでに時間を要するということです。

費用と同様、リノベーションの内容によってかかる期間は異なるものの、中古マンションのリノベーションにはある程度の時間がかかります。

大規模な工事を伴わないものであれば1日~数日間で終わることもありますが、中には数週間かかる施工もあるので注意が必要です。

その間に暮らす場所をしっかりと確保しておくようにしましょう。

セキュリティが万全でない可能性がある

4つ目のデメリットは、セキュリティが万全ではない可能性があるということです。

近年は、オートロック機能など、マンションのセキュリティ機能も強化されているところが増えています。

しかし、中古マンションの中には十分なセキュリティ機能が備わっていないところも多く存在するのです。

初めて1人暮らしをする女性や、学生の人などは十分注意して物件を選ぶことが大切と言えます。

中古マンションを買った後に後悔した例

中古マンションのリノベーションに関する注意点を紹介する前に、ここでは、実際に中古マンションを買った後に後悔した事例を紹介していきます。

先程紹介したデメリットが原因の後悔も多くあるので、失敗したくない人は是非参考にしてください。

かえって高い費用がかかってしまった

1つ目に紹介する事例は、結果的に新築マンションを購入するよりも多くの費用がかかってしまった事例です。

中古マンションの購入自体は、新築マションを買うよりも費用を抑えて買うことができますが、リフォーム内容が高額であった結果、思ったよりも費用がかさんでしまった例だと言えます。

リフォーム内容に優先順位をつけたり、見積もりをしっかりと出してもらったりすることで防げる失敗例なので、これから購入を考えている人は注意するようにしましょう。

リフォームの補助金については「中古マンションのリフォームでもらえる補助金は?費用を抑える方法も解説」をご覧ください。

希望のリフォームができなかった

2つ目に紹介する事例は、希望通りのリフォームができなかった事例です。

中古マンションによっては、リノベーションの可否に制限をかけていることがあります。

リノベーションを行った後の物件は資産価値が下がったり、その後売却するのが難しかったりするためです。

リノベーションを行う計画を事前に立てていたとしても、その制限によってはできないこともあるので、しっかりとマンションの管理者に確認を取ることが大切です。

生活スタイルに合わないリノベーションをしてしまった

3つ目に紹介するのは、生活スタイルに合わないリノベーションをしてしまって後悔した事例です。

この例は、リノベーションはできたけど、施工したリノベーションの内容自体に問題があった例と言えます。

部屋の雰囲気や見た目を重視しすぎたり、費用を抑えようとしすぎたり、実際に住むときのことを考えずにリノベーションを行うと、結果的に住みにくい部屋が完成してしまうことも考えられます。

リノベーションを行う際は、その後自分が住むことを想像して計画を立てるようにしましょう。

中古マンションのリノベーションを依頼する前に注意すること

それでは、先ほど紹介したような後悔をしないためにはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。

ここでは、中古マンションをリノベーションする際の注意点について紹介していきます。

管理者の許可は必ず取る

1つ目に注意すべきポイントは、管理者の許可は必ず取るということです。

物件によっては行うことができるリノベーション内容に制限があることは先程説明した通りです。

マンションの管理者が独自に制限を設けている場合もあれば、物件の構造上行えないリノベーションもあるからです。

後でトラブルを避けるためにも、リノベーションを行う前には必ず許可を取ってから行うようにしましょう。

かかる費用を具体的に計算する

2つ目に注意すべきポイントは、かかる費用を具体的に計算するということです。

中古マンションのリノベーションの失敗例としてよく挙げられるのが、想像以上に高い費用がかかってしまったという事例です。

事前に費用を計算して、具体的な予算を立てることで防ぐことができる後悔なので、これからリノベーションを行う際は具体的な見積もりをしっかりと出してもらうようにしましょう。

依頼するリフォーム業者を比較する

3つ目に注意すべきポイントは、依頼するリフォーム会社を比較するということです。

リフォーム会社によって、同じようなリノベーションの内容でも、かかる費用や選べるデザインなどは異なってきます。

費用の比較はもちろんですが、満足のいくリノベーションを行ってもらうためにも、打ち合わせにしっかりと応じてくれて、信頼できるリノベーション会社を選びましょう。

リノベーションを検討されている方は「おしゃれな家にリノベーションするには?失敗しないコツ教えます!」も併せてご覧ください。

まとめ

ここまで、中古マンションのリノベーションに関して、メリットやデメリット、失敗事例などを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

中古マンションのリノベーションは、注意すべきポイントをしっかり押さえて行えば、新築物件を購入するよりも多くのメリットを得ることが可能です。

ベストリノベーションでは、中古マンションのリノベーションで行われる、水回りや間取り変更、床や壁などの施行事例が多くある会社です。

中古マンションのリノベーションを考えている人は、是非問い合わせてみてください。

新着記事

狭い洗面所のリフォームを広くおしゃれにしたい!成功例・失敗例……

洗面所の床をおしゃれにリフォーム!後悔しないためのおすすめ床……

フローリングの耐用年数は?原状回復での取扱いや張替えタイミン……

フローリングを張り替えるタイミングかも?費用や方法を解説

ペットのための床リフォーム!事例や費用、注意点、効果も紹介

和室リフォームで失敗しないためには?後悔しないための注意点