窓のリフォーム費用の目安は?ガラスの種類や目的別に相場を解説

「窓のリフォームを行うにはどれくらいの費用がかかるの?」「窓の種類によってどれくらいコストが変わってくるの?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

窓のリフォームは、窓ガラスとサッシの種類によって費用相場が変化するので、まずは自分がどのような窓のリフォームを実施したいか考えることが大切です。

今回の記事では、窓のリフォームを考えている方に向けて、ガラスの種類別と目的別に窓のリフォーム費用相場をご紹介します。

この記事を読むことで、どれくらいの費用を用意すればいいか理解できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

窓のリフォーム

窓のリフォームは、さまざまな目的やニーズによって実施されています。

窓をリフォームする代表的な理由としては、結露防止や部屋の断熱性を高めるなどが挙げられるでしょう。

結露がひどいとカビが発生しやすくなりますし、断熱性が低いと部屋の温度を保つために光熱費がかさんでしまいます。

日当たりや風通しを良くするために窓のリフォームを実施する人も多く、窓のリフォームの目的は個人によって大きく異なることがわかります。

窓のリフォーム費用相場とは?

窓のリフォーム費用相場はどれくらいなのでしょうか?コストは、窓ガラスとサッシの種類、工事の方法、窓のサイズなどで大きく変わります。

例えば、防犯合わせ複層ガラスへ窓ガラスを交換する場合、腰高窓で20万円〜が相場ですが、通常の窓ガラスであれば10万円〜が相場です(カバー工法)。

予算感を知るためには、まず窓をリフォームする目的を明確にする必要があります。

目的を明確にした上で、コストとサポート内容のバランスを見て利用する業者を決定しましょう。

【ガラスの種類別】窓のリフォーム費用相場

窓ガラスを交換するにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?窓のリフォーム費用相場をガラスの種類別に紹介します。

通常の窓ガラス

通常の窓ガラスと交換する場合、4万円〜5万円前後となるでしょう。

一般的に窓のサイズが比較的小さい腰高窓はコストが低く、サイズが大きい掃き出し窓の方がコストが高くなります。

防犯対策や遮熱などの希望がない場合、一般的な窓ガラスが選ばれることが多いです。

透明性のあるスタンダードな窓ガラスは「フロートガラス」と呼ばれることもあります。

現在通常の窓ガラスで生活しているという方で、特に問題がないと感じているようであれば、通常の窓ガラスを選ぶとよいでしょう。

防犯用の窓ガラス

窓ガラスの中には、防犯対策用に強化されたものも展開されています。

防犯用の窓ガラスの費用相場は腰高窓で5万5千円〜掃き出し窓の窓で7万円〜です。

防犯用の窓ガラスは通常の窓ガラスよりも割れにくく、壊すのに時間がかかります。

侵入に5分以上かかると諦める空き巣が多いため、割れにくくすることは防犯対策として効果があるのです。

空き巣が侵入しやすい1階の窓ガラスだけ防犯用に交換することも可能なので、空き巣が心配な方は防犯用の窓ガラスを選ぶとよいでしょう。

遮熱用の窓ガラス

遮熱用の窓ガラスに交換することで、暑い夏場でも熱がこもりにくく、部屋の中でも眩しいという状況を避けられます。

遮熱効果のある窓ガラスは「Low-Eガラス」と呼ばれることが多く、費用相場は9万円〜12万円といえるでしょう。

やはり一般のガラスと比較すると相場費用が高い傾向にありますが、光熱費を抑えられることを考えると、長期的な視点では節約につながるといえます。

反対に冬場に熱を逃しにくい断熱効果もあるので、お部屋の立地エリアや気候などを踏まえて、部屋の中が快適になるような窓ガラスを選びましょう。

複層ガラス

複層ガラスは防音効果もあり、自宅で音楽をよく聴く方や外からの騒音を遮断したい方に人気があります。

一般的な複層ガラスの相場費用は、腰高窓で約14万5千円〜掃き出し窓で約32万5千円〜です。

他のガラスの種類と比較すると、複層ガラスの費用は高くなります。

ガラスは音を通しやすい素材といわれているため、防音対策をしたい方は複層ガラスを選ぶとよいでしょう。

リノベーション 費用については「リノベーションの費用を抑えるには?安くする裏技を紹介します」も併せてご覧ください。

【目的別】窓のリフォーム費用相場

ここまでガラスの種類別に費用相場を説明しました。

ここからは、目的別に窓のリフォーム費用相場を確認していきましょう。

サッシを交換する

サッシを交換する場合、リフォーム費用相場は腰高窓で23万円〜38万円掃き出し窓は47万円〜58万円といえるでしょう。

サッシとは、窓枠として用いられている部品のことです。

昔建てられた家はアルミサッシが利用されているケースが多いですが、アルミサッシは断熱性が低いといわれています。

アルミサッシから樹脂や木製のサッシと交換することで、熱が逃げにくくなり、冬場でも部屋の温度を保つことができます。

窓ガラスのリフォームを行う方は、サッシも変えるべきか業者と相談してみるとよいでしょう。

窓のサイズ・高さを変更する

窓のサイズ・高さを変更するリフォームも実施されます。

「窓を大きくして日差しが入るようにしたい」「人の目が気になるので窓の高さを変えたい」など、窓のサイズ・高さをリフォームしたいと考える人は多いのです。

窓のサイズ・高さを変更する場合、リフォームの費用相場は25〜50万円前後でしょう。

どれくらいの規模の工事かによっても価格が変わってきますので、業者に見積もりしてもらいましょう。

内窓を設置する

窓リフォームとして、内窓を設置する人も見受けられます。

内窓とは、現在ある窓の内側にもう1枚別に設ける窓のことです。

断熱や気密性を向上させるだけでなく、騒音や結露対策にもなるので、多くの人が設置工事を実施しています。

内窓を設置する場合、リフォームの相場費用は8万5千円〜23万円前後です。

内窓を設置する工事では、既存のサッシを解体する必要がないので、費用が抑えられます。

窓を交換する

窓を新しいものに交換することで、性能の良い窓に変えたいという人が多くいます。

窓を交換する方法として、​​既存の窓とサッシを別のサッシでカバーする「カバー工法」と、​​既存の窓とサッシを解体して丸ごと交換する「はつり工法」の2種類が挙げられるでしょう。

カバー工法の費用相場は10〜20万円、はつり工法の費用相場は10万円〜50万円となっています。

はつり工法は既存の窓・サッシを解体する必要があるので、その分工事の費用が高くなります。

また、カバー工法は工事期間が1日程度ですみますが、はつり工法は2〜3日期間を要します。

窓を増設する

部屋の明るさを保つために窓を増設したいという方もいるのではないでしょうか。

窓を増設する場合、リフォームの費用相場は30万円〜45万円程度でしょう。

一般的に窓の増設工事は、壁を壊す必要があるため、工事費用が高くなる傾向があります。

ただし、外壁を壊す必要がない間仕切り壁などに窓を増設する際は、コストを抑えられます。

ちなみに、腰高窓を掃き出し窓にする工事の費用相場も30万円〜45万円程度となっています。

シャッター・雨戸を設置する

防犯対策としてシャッター・雨戸を設置したいという方もいるのではないでしょうか。

シャッター・雨戸を設置する場合、リフォームの費用相場は8万円〜10万円(手動タイプ)です。

シャッター・雨戸には、手動タイプ自動タイプの2種類が存在します。

手動タイプよりも自動タイプの方の価格が高くなりやすいです。

自動タイプのリフォームの費用相場は28万円〜30万円程度でしょう。

さらに、採風タイプのシャッター・雨戸は45万円〜47万円となっており、費用が高い傾向にあります。

耐震補強フレームを設置する

地震などの災害に備えて耐震補強フレームを設置する人も増加しています。

特に耐震性の低い大きな窓を設置する場合、耐震補強フレームを設置することで耐震性を高めることが可能です。

耐震補強フレームを設置するリフォームの費用相場は、250万円〜300万円(手動タイプ)となっています。

リフォームにかかる費用は高いですが、身の安全を守るためにも耐震補強フレームが利用されているのです。

窓 リフォームについては「窓のリフォームはどうやって行う?事例や気を付けるべき点を紹介!」も併せてご覧ください。

まとめ

今回の記事では、窓のリフォームを検討している方に向けて、ガラスの種類別と目的別に窓のリフォーム費用相場をご紹介しました。

窓のリフォームは窓のサイズや個人のニーズなどによって費用が大きく変わってくるので、まずはどのような窓をどう工事したいか考えることが大切です。

コストとサービス内容のバランスを見ながら、自分にとって最適な業者を選びましょう。

ベストリノベーションはキッチンからお風呂、トイレまで幅広いリフォームを実施している業者です。

窓のリフォームに関しても、お客様の希望に応えられるようにサポートを実施していますので、まずはお問い合わせください。

新着記事

狭い洗面所のリフォームを広くおしゃれにしたい!成功例・失敗例……

洗面所の床をおしゃれにリフォーム!後悔しないためのおすすめ床……

フローリングの耐用年数は?原状回復での取扱いや張替えタイミン……

フローリングを張り替えるタイミングかも?費用や方法を解説

ペットのための床リフォーム!事例や費用、注意点、効果も紹介

和室リフォームで失敗しないためには?後悔しないための注意点